【2017年版】ソラチカの申し込みで1500マイル取得するには?

本当に持たなければならないカード

国内だけでも1000種類近くのクレジットカードが存在していて、
ANAと提携しているカードだけでも二十数種類あります。

その中でマイルを貯めるのにどうしても持っておいて欲しいカードがあります。

それがANA To Me CARD PASMO JCB(通称:ソラチカカード)です。

なぜソラチカカードがマイルを貯めるのに必要かというと、ポイントサイトで貯めたポイントを圧倒的な割合でマイルに交換できるからです。
これは数十種類ある他のカードどれにも無い大きな強みです。

例えば、1ポイント1円の価値であるTポイントを10万ポイント貯めて、ANAのマイルに交換すると、半分の5万マイルになってしまいます。
Tポイントにはこれ以外マイルへの交換方法はないので、絶対にポイント数の半分になってしまいます。

ところが、1ポイント1円の価値があるGポイント10万ポイントでは、ソラチカのメトロポイントに交換し、さらにマイルに交換することにより9万マイルになります。

どちらも同じ「1ポイント=1円」の価値だった10万ポイントが5万マイルになるのと、9万マイルになるのとでは大きな差になることが分かると思います。

ANAでハワイに行くのに必要なマイルは4万マイルなので、Tポイントの場合は1往復しかできないのですが、Gポイントをソラチカから交換した場合は2往復できることになるのです。

この破格の交換率0.9倍を可能とするものは、現在、ソラチカ以外に存在しません。

という事で、ソラチカカードはマイルを貯めるために必要不可欠なので、まだ保有していない人は、最優先でソラチカカードを入手しなくてはいけません。

注意事項が一つあります。

ソラチカカードには複数の種類があるのです。 その中でポイントからの交換率0.9倍になるのは(ANA ToMe CARD PASMO JCB)しかありません。

このサイトの説明をよく読み、くれぐれも間違いのないようにしてください。

 

ソラチカカードで貯まるポイント

ソラチカカードで貯まるポイントは2種類あります。

Oki Dokiポイント

ソラチカカードで決済した時に貯まるJCBのポイントです。

1000円の支払い事に1ポイントしか獲得することができませんが、1ポイントが5円の価値なので、還元率は0.5%です。年間5000円払うことで還元率1%になります。

還元率が低くマイルを貯めるための効率が悪いので、利用するのは得策ではありません。

メトロポイント

東京メトロに乗車したり、東京メトロで定期を購入したりすると獲得できるポイントです。

また、ポイントサイトから交換先に指定することができるので、メトロポイントを経由してANAマイルに交換します。

ANAマイルに替えるときに、1ポイントを0.9マイルに交換できます。

ソラチカカードではメトロポイントを中心に使い、あくまでもポイント交換用カードとして利用し、通常のクレジットカードとしては利用しないことをお勧めいたします。

しかし、ソラチカカードを発行後にまったく使用しない事はよくありません。

クレジットカード保有者の利用率はカウントされていますので、毎月少額でも構わないので使うように心がけてください。

それによりクレジットカード審査の評価が高まるので、他のカードの審査の際、有利になります。

 

 ソラチカカードの入手方法

ソラチカカードは定期的に入会キャンペーンを行っています。

現在開催中のキャンペーンは2017年9月1日(金)~2018年1月14日(日)の期間です。

まだソラチカカードを持ってない方は、このキャンペーン期間中で入るとボーナスでマイルが手に入ります。

入会ボーナス1000マイル + マイ友プログラム500マイル → 1500マイル

あっという間に1500マイルも貯まります。

「マイ友プログラム」はANAのキャンペーンで、私の紹介だと500マイルプラスされるのです。

ぜひこのチャンスを逃さないでください。

ソラチカカードの申し込みの前にマイ友プログラム登録が必要となります。

マイ友プログラムページに移動する

マイ友プログラム

「登録用ページ」をクリックします。

紹介者情報を入力する欄が表示されますので、

下のように「紹介者氏名(フルイチ ノリコ)」「8桁の紹介番号(00021015)」を入力します。

マイ友プログラム

申込者情報に、「あなたの名前」と「生年月日」を入力し、「次へ」をクリックします。

「マイ友プログラム」に申し込んだあと「ANAカードにご入会の方はこちら」をクリックします。

次に、「ANA To Me CARD PASMO JCB」の「申し込みボタン」をクリックします。

これで、「1,500マイル」を獲得することができます。

もうひとつのキャンペーン

10マイルコース+MyJチェック登録で、1,500マイルがもらえるが・・・

このキャンペーンは、ANAと東京メトロではなく、JCBによるものです。

通常、陸マイラーは5マイルコースを選びますが、10マイルコースを選ぶことがキャンペーンの条件です。

「MyJチェック」とは、ショッピングの利用明細の郵送をやめて、ウェブ上のみの確認とする方法です。

このように、10マイルコースへの新規入会と、MyJチェックの組み合わせで、500 OkiDokiポイントがもらえます。

500 Okidokiポイントは、1,500マイルと交換できます。

ただし、5,000円の移行手数料がかかるので、得られるマイルを考えると、このキャンペーンはあまりお得ではなく、特にはお勧めいたしません。

5マイルコースと10マイルコースの違い

ソラチカカードでは、Oki Dokiポイントをマイルへ交換するコースが4種類あり、それのどれか1つを選ぶ必要があります。

  1. マルチポイントコース 5マイル (1,000円で5マイル)
  2. マイル自動移行コース 5マイル (1,000円で5マイル)
  3. マルチポイントコース 10マイル (1,000円で10マイル)
  4. マイル自動移行コース 10マイル (1,000円で10マイル)

ソラチカカードで1,000円を支払ったときのOki Dokiポイントを、

1ポイント=5マイルに交換するのが、5マイルコース

1ポイント=10マイルに交換するのが、10マイルコース

これだけみると、10マイルコースの方がお得に見えますが、10マイルコースの場合、マイル移行手数料が年間5,000円かかります。

5マイルコースであれば、マイル移行手数料は無料です。

そもそも還元率の低いOki Dokiポイントを集める必要はないので、1か2のコースを選ぶことをお勧めします。

両コースの違いは、メトロポイントを手動でANAマイルに交換するか、自動でANAマイルに交換するかです。

どちらでもお好き方を選んでください。

申し込みが完了してからクレジットカードの審査が行われ、無事に合格すれば2週間ほどでソラチカカードが手に入ります。

マイルについてしっかり学びたい人のためにメルマガ講座を用意しました。
↓↓↓